個人輸入で安全に薬を通販するためのルールと危険なサイトの見分け方

個人輸入で安全に薬を通販するためのルールと危険なサイトの見分け方

個人輸入で薬を通販する前に

日本国内の法律で「個人使用に限り規定量内の薬の輸入を認める」とされている海外の医薬品ですが、購入に当たり少なからずメリット・デメリット両面を併せ持っていますので十分理解したうえで利用するかどうかを考えましょう。

 

価格はどうなの?

国内の病院で処方してもらうよりも同じ医薬品でも割安になっていることが多く、取り扱っている種類も豊富な傾向にあります。販売サイトによっては「まとめ購入割引」や「購入金額の●%分のポイントを付与」といった、次回以降の買い物がさらに安くなるという特典を付けているサイトもあります。

 

これは医師の診察・処方箋を必要としない購入方法の為、コストを下げることができ割安で提供できる仕組みとなっています。

 

 

安く購入できることは消費者にとってはメリットになりますが、そもそもその販売サイトは本当に信用できるの?という心配な点が挙げられます。昔に比べると偽物を扱う悪徳業者は減りましたが、それでも中には紛れ込んでいます。

 

特に相場よりも極端に安い価格を提示している販売サイトは、偽物である可能性が高いため注文する前によく調べることが重要です。

 

 

初めて利用する場合、信頼できる優良な販売サイトか分からないため、ただ単に「他の店よりも安い!」という理由だけで注文してしまうと騙されてしまうリスクが高まりますから、はやる気持ちを抑えて慎重に安全かどうか見定めることが必要です。

 

 

個人輸入で薬を通販しようとされる方へ

「日本では売っていない海外製の医薬品を使ってみたい…」と、身体に何かしらの悩みがあり改善したいという方は少なくありません。しかし、薬を服用したからと言って確実に効果が得られるのか?と言ったら難しいところです。

 

変化が見られないこともあれば、劇的に改善する人もいます。あくまでも薬の効き目には個人差があるため、製薬会社も効果を保証しているわけではありません。

 

 

国内の病院では手に入らない薬で、どうしても「悩みを解消したい」・「少しでも改善したい」といった場合に限り、海外から薬を個人輸入して治療をされるのが良いでしょう。薬に頼らないことが健康的に一番望ましいことですからね。

 

 

私自身も小さい頃は喘息に悩まされ、通院してよく薬を処方してもらっていました。そんな過去から薬の効果の凄さは実感しています。止まらない咳から何度も助けられましたし、呼吸が和らいで楽になった記憶を鮮明に覚えています。それでも子供ながらに「薬は飲みたくない、注射は嫌だ」と感じていました。

 

 

どんな医薬品においても「改善」というメリットがある一方、少なからず副作用という面も持ち合わせています。そのため、「やむを得ない場合以外は薬の使用は極力控える」ということを強くオススメ致します。

 

もちろん、身体の不調に関しては個々それぞれ状態や症状があるため、一概に「この治療法はダメ」ということは言えませんが、本来薬は病院から処方してもらうものです。

 

特別な理由があって海外から個人輸入しなければならない場合は、注文される前に厚生労働省のHPをよく読んでからご検討ください。

 

 

特別、海外から輸入する必要がない場合は、安全を確保するためにもきちんと医師に相談のうえ処方箋を通して薬を受け取るようにしましょう。

 

 

 

>> 医薬品の個人輸入・輸入代行の注意点


ホーム サイトマップ